間違えたデジタル戦略について

デジタル戦略はインターネットナシには語れませんが、企業が行う場合には間違えた利用法となる場合も多く問題となっています。デジタル戦略で間違えてはいけないのは万能性が無いということです。どの世代にも有効な方法はありません。重要な事は伝えたい世代をしっかり把握して有効な手を打つということです。

デジタル戦略で打てる手は大きく分けて1つあります。

1つは静的な内容である、ホームページやブログを活用する方法、2つ目はSNSを利用することです。3つ目はバナーなどの宣伝フォーマットを利用することですが、バナーなどの宣伝方法は商品ごとに変わってきますのでケースバイケースです。ホームページやブログが有効な場合は情報量が重要であるケースです。

新商品のうち、情報が細かく必要なケースなどSNSでの伝わりよりも重要な場合が多くあります。また、文章を読む世代には記事を深く用意し、動画などを求める層には分かりやすくキャラクタなどを利用した動画が重要であるように、見せたい世代が求めるものを用意することも重要です。

SNSを利用する場合は伝わりやすい題名やキャッチコピーが重要となります。特にキャッチコピーについてはSNSで伝わりやすさに響いてきます。Twitterでは140文字しか使えませんし、Facebook等の場合も長い文章は読まれない傾向が強いです。すぐに誰かに伝えられる用に短い文章でまとめ上げていくことが重要になってきます。