世代別・デジタル戦略の傾向

企業が行う各種戦略のうち、デジタル戦略については世代別にかなりの差があることが多いです。デジタル戦略といえば若い世代というイメージを持つ方が多いのですが、実際には若い世代の他に60歳を超える世代へのアピールも増えています。

若い世代向けのデジタル戦略は主にホームページやブログと言った静的なメディアを利用することがまだまだ多いようです。これは雑誌やテレビなどで表示されるQRコードを利用する傾向が強いこと、さまざまな他のメディアとの連携があることでホームページやブログを率先して利用する傾向が強いことが上げられます。

また、検索サイトなどもよく利用するので偏ったデジタル戦略とはならず、まんべんなく利用される傾向があります。

60代以上の世代にもデジタル化の流れが進んでいます。この世代は従来電化製品等もあまり使わない世代とも言われていましたが、スマートフォンやタブレットについては利用される傾向がとても強いです。

特にSNSの利用が進んでいるとも言われており、デジタル戦略においても十分価値があると考えられる世代でもあります。この世代では横のつながりをとても強く意識する傾向が強く、FacebookやTwitterなどを積極的に利用し始めています。特にFacebookの利用が多くなってきており、知り合いが利用しているからという理由で使いはじめるというケースも多いようです。

そのため、情報を出す際もSNS側を重視した内容となるケースが増えています。